住友不動産で自宅をリフォーム

自宅のリフォームに住友不動産が選ばれる理由や悪徳なリフォーム業者についてお伝えします

住友不動産で自宅をリフォーム

水回りのリフォームで注意したいこと

トイレやお風呂といった水回りは毎日、何度も利用する場所。そのため、リフォームをする前に注意点を覚えておいた方がいいでしょう。

たとえばトイレのリフォームをする際は、ドアは引き戸がオススメ。何故なら、廊下の途中にトイレが設置されている家ではドアが外開きだと通りかかった人と接触事故が起きる可能性があり、これは大変危険です。 床材にも注意しておきたいところで、通常のフローリングだとすぐにシミがついてしまいます。そこで、強化ウレタンを使ったコルク材やトイレ専用の床材など、機能性に優れたものを利用しましょう。

これに加えて手すりの設置もしておくといいでしょう。トイレから立ち上がる時というのは、思っているよりも力が必要になり、高齢の方の事故も少なくありません。ついうっかりトイレットペーパーホルダーに手をついてしまうと重みに耐えきれず壊れてしまうといった事例もあるのです。

手すりについてはお風呂にも設置すると良いでしょう。やはりお風呂は床が濡れていて大変滑りやすくなります。そのため、手すりがないことで転倒事故に繋がることもありえるでしょう。それに、普段、眼鏡を使っている人はお風呂で視力が著しく低下しますので、手すりがあると便利です。

お風呂のリフォームでは浴室専用の暖房を設置することも出来るので、お年寄りのいる家庭では是非設置してみてください。というのも、寒い冬は冷えた状態からいきなり浴槽に入ってしまうことでヒートショックと呼ばれる現象が起き、最悪の場合は死に繋がることもあるのです。 このように水回りのリフォームは注意することが多くなっています。