住友不動産で自宅をリフォーム

自宅のリフォームに住友不動産が選ばれる理由や悪徳なリフォーム業者についてお伝えします

住友不動産で自宅をリフォーム

リフォームの目的を整理しよう

リフォームは老朽化の修繕や、浴槽の交換など、実に様々な種類が存在しています。したがってリフォーム前には、しっかりと目的を整理しておくことが大切なのです。そこで今回はその手助けとなる記事をまとめてみました。

まず、リフォームの目的は大きく分けて3つに分類できます。それは「修理するリフォーム」「改善するリフォーム」「プラスするリフォーム」の3つです。

ひとつずつ説明していくと、まず修理するリフォームというのは、現在壊れているもの、たとえばドアが完全に閉まらなくなっていたり、トイレやキッチンの設備がおかしくはなっていませんか。こういったものを修理して、マイナス点を0に戻すのが目的。これが修理するリフォームです。

次に改善するリフォームは、家の中を見直して、ここに棚があればもっと便利、使ってない部屋がもったいない、などといった思いつきをリフォームで改善するのが目的。何だかもやもやする部分を改善していきましょう。

最後にプラスするリフォームは、今まで憧れていたもの家の中にプラスするというものです。たとえば床暖房、ウォッシュレット付きのトイレなど、言ってしまえば生活に必須とはならないものの、日常に快適さをプラスするものたちです。

このような目的を参考に、自分のリフォーム目的をよく考えてみてください。何となくでリフォームを始めてしまうと、後からどんどんと改善点や不満点を思いつくことも多く、最悪の場合はリフォームした意味がない、なんてこともありえます。